筋トレコラム

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

 

  • なかなか筋肥大できない
  • 重量が伸び悩んでいる

 

筋トレをしているのに思うような成果が出ない人は、もしかしたら筋肉を追い込めていないことが原因かもしれません。

 

ぼくは2017年にジム通いを始めて以降、ずっと一人で筋トレしてきました。

 

今まで一度も、補助についてもらったことも、パーソナルトレーニングを受けたこともありません。

 

ずっと一人でトレーニングをしてきたせいか、成長がものすごく遅い感じがするんです。

 

2年間の成長がこれ(左:2017年12月、右:2019年11月)

筋トレで追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

 

筋トレを始めるまでは運動に縁がなく、学生時代は9年間文化部でした。

 

個人的にはちょっと成長したかなという感じです。

 

しかし

 

筋トレを始めたばかりのころ補助についてもらって、もう少し重量を扱えていれば、今ごろもっと成長できたのでは…?と悔やんでしまいます。

 

つまり何が言いたいかというと、ぼくの経験上、一人でトレーニングをすると心理的にも肉体的にも追い込めないということです。

 

『筋トレで追い込む』とは

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

 

そもそも筋トレで追い込むとはどういうことか。

 

それは、自力で身体を動かせなくなる状態になること。

  • もうダンベルが挙がらない
  • もうスクワットできない
  • もう限界

 

ベンチプレスにしろデッドリフトにしろ、自力で動作ができなくなることを『オールアウト』と呼びますね。

筋トレマニア
筋トレマニア
筋肥大を目指すなら、オールアウトは欠かせないよな。

 

筋肉を限界まで追い込み、しっかり回復することの繰り返しですよね。

 

使用重量が増えれば、成長している証となります。

 

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

 

一人で筋トレをすることが追い込めない原因の一つであることに間違いないでしょう。

 

ぼくの経験上、追い込めない理由は次の3つだと考えています。

  • 安全面に不安がある
  • 物理的に限界まで追い込めない
  • 心理的な限界を決めてしまう

 

それぞれ詳しく説明します。

 

安全面に不安がある

一人でトレーニングをすると、安全面が不安ですよね。

 

個人的に、ベンチプレスとスクワットは『潰れるのが怖い』という不安が付きまといます。

筋トレマニア
筋トレマニア
セーフティを付けていても、潰れるのは怖い。

 

筋トレにおいて一番大切なことは、ケガをしないことだと思っていまして。

長くトレーニングを続けるためには、あまり無理をしたくない

 

補助がいれば万が一のときにサポートしてくれますが、一人でトレーニングをすると不安や恐怖が勝ってしまうんです。

 

一人トレーニングでは心理的な不安が足かせとなり、なかなか追い込むことができません。

 

物理的に限界まで追い込めない

自力で挙げられなくなっても、補助がいれば限界を突破してくれます。

 

物理的に追い込めないと、漸進性過負荷の原則に背いてしまいますよね。

漸進性過負荷の原則:少しずつ負荷を大きくしていくこと

 

補助がいれば扱える重量も上がりますし、自力ではもう無理…というところからフォーストレップスができます。

フォーストレップス

重りが挙がらなくなったところで、補助についてもらい強制的に挙げる方法

参考:山本義徳 業績集9|ウエイトトレーニングのテクニック

 

もちろん一人で物理的に追い込むテクニックもありますが、筋トレ初心者にとっては難しいもの。

 

やはり一人トレーニングでは、物理的にしっかり追い込むのに限界があるのです。

 

心理的な限界を決めてしまう

一人トレーニングでは『もう無理…』というように心理的な限界を自分で決めつけがちになります。

 

自分一人では、本当の自分の限界を知ることは難しいですよね。

  • 身体的にはまだ追い込めるのに…
  • 補助がいればもう2,3回できるのに…

 

自分の判断で心理的に限界を決めてしまうことで、余力が残ってしまうのです。

 

その結果、オールアウトできず中途半端なトレーニングになり、いつまでたっても成長できなくなります。

 

『自力ではもう無理…』な状態からさらに2,3回挙げられるかどうかが成長への鍵。

 

自分が感じる限界でやめてしまうことで、身体的に追い込めておらず、結果として成長スピードの低下にもつながってしまうのです。

筋トレを追い込めない原因まとめ
  • 安全面に不安がある→不安がよぎり動作に集中できない
  • 物理的に追い込めない→1人で扱える重量には限界がある
  • 心理的に追い込めない→本当の自分の限界が分からない

 

筋肉痛になるまで追い込む必要はある?

筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?

 

筋肉痛になれば筋肉が発達するわけではありません。

筋肉痛が起こるメカニズムは、はっきり解明されていない

 

ひどい筋肉痛になるまでトレーニングをすると、回復に時間がかかります。

 

筋肉痛が残った状態でトレーニングするということは、疲労が抜けきっていない状態でトレーニングするということ。

 

つまり、次のトレーニングで限界まで追い込むことができなくなるので、筋肉痛を成長の指標にするのは危険です。



筋トレで追い込めない原因|まとめ

この記事では、筋トレを追い込めない原因は一人でトレーニングするから?について書きました。

 

一人トレーニングでは、安全面に不安があり、物理的にも心理的にも追い込めないというのが一番のネック。

 

筋肥大が目的ならば、しっかり追い込めるよう補助付きでトレーニングした方がいいでしょう。

 

特に筋トレ初心者のうちは、できるだけ補助についてもらって、怪我なく安全に重量を伸ばしていきたいところです。

 

一人で追い込むならマンデルブロトレーニング

マンデルブロトレーニングのやり方
マンデルブロトレーニングのやり方は?【刺激内容を変えたトレーニングメソッド】『マンデルブロトレーニング』は、毎回筋肉に違う刺激を与え、効率的に鍛えるトレーニング方法です。トレーニングは漸進性過負荷の原則が大前提。つまり、徐々に負荷を挙げて身体を成長させるということ。これを体系化したのが、山本義徳先生のマンデルブロトレーニングです。...

 

山本義徳先生監修

『VALX EAA9』

山本義徳のEAA9

 

山本義徳先生の知識を集結し、9種類の必須アミノ酸が完ぺきなバランスで配合されたEAAサプリメントです。

筋トレマニア
筋トレマニア
デカくなりたきゃ飲むしかない!!

 

ここでしか手に入らない特典もあります。

毎月配信される山本義徳先生のメソッド動画

VALX限定シェイカーファネルプレゼント

 

筋トレ初心者の方、デカくなり方、サプリ選びで迷っている方、このチャンスをお見逃しなく。

>>山本義徳流メソッドで筋肉をデザイン【EAA9】