トレーニング記録

【マンデルブロトレーニング】3か月実施してみた感想

 

2019年1月4日に始めたマンデルブロトレーニング。

 

開始から3か月ほど経ちましたので、実施してみての感想をまとめたいと思います。

 

[blogcard url=”https://bonbonbon14.com/kintore-newprogram”]

 

 

マンデルブロトレーニングのおさらい

マンデルブロトレーニングは、物理的刺激と化学的刺激というように、刺激内容によってトレーニング法を変えていくトレーニングプログラムです。

 

出典:山本義徳 業績集8 筋肥大・筋力向上のプログラミング

 

物理的刺激と化学的刺激って?

物理的刺激は、外部から筋肉に刺激を与えること。

 

化学的刺激は、疲労物質の蓄積など、筋肉内の内部環境を悪化させて筋肉に与える刺激のこと。

 

なお、詳細は筋肥大を2つの刺激から考えるにまとめています。

 

マンデルブロトレーニングの具体的なやり方

山本義徳 業績集8 筋肥大・筋力向上のプログラミングに基づいて行います。

 

Phase1:8~10レップスで構成する通常のボディビルプログラム

Phase2:3~5レップスで構成するヘビーウェイトプログラム

Phase3:20~40rで構成するハイレップスプログラム

出典:山本義徳 業績集8 筋肥大・筋力向上のプログラミング

 

この3つのフェーズを、Phase1から順番に繰り返していきます。

 

各フェーズの詳細は、「マンデルブロトレーニング」始めますにまとめています。

 

これまでのトレーニング頻度は?

少なくとも週4回、多くて週6回トレーニングしました。

 

基本的に、2日トレーニング → 1日オフ → 2日トレーニング・・・のサイクルです。

 

2on1offっていうんですかね。

 

たまに3日連続でトレーニングしたり、1日おきにトレーニングしたこともありましたが、ベースは2on1offです。

 

使用重量の変化は?

マックス重量を計測していないので、正確にはわかりませんm(_ _)m

 

しかし確実に使用重量は確実に上がっています。

 

たとえばダンベルフライ。

 

マンデルブロトレーニング開始したころはDB18kgで10回を2セットが限界でした。

 

しかし3か月後の現在は、DB24kgでセットを組んでいます。

 

3か月の変化は?

 

光と影の影響でわかりにくいかもしれないですけど、若干変化あるなーという感じです。

 

マンデルブロトレーニングを3か月実施してみての感想

各フェーズごと、使用重量、回数、トレーニングの種目がある程度決まっているので、集中して取り組めますし、成長を実感しやすいです。

 

フォームもだいぶよくなりました。

 

総じて、マンデルブロトレーニングはおすすめです。

 

特に、筋トレ始めたばかりで、メニューの組み方に慣れていない方におすすめです。

あとは一人でトレーニングしてる方ですね。

 

プログラムがあると、自分ひとりでも続けやすいですし、成果を実感しやすいと思いますよ。

 

かなりいい感じなので、今後も続けていきたいと思います。