食事・サプリメント

プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法

飽きずに飲み続けられるプロテインアレンジ

 

トレーニーのみならず、全ての人に必要不可欠と言っても過言ではないプロテイン。

 

手軽に摂れるタンパク質として、日常的に飲んでいる方もいるかと思います。

 

プロテイン単体の味はもちろんおいしいのですが、毎日飲んでると飽きるという人がいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、ちょっとだけ手間を加えていつもよりおいしく飲めるよう、プロテインのアレンジレシピをご紹介します。

 

甘い系のプロテインフレーバーであれば応用が利くので、ぜひ試してみてください。

 

【プロテインアレンジ】いつもの味にひと手間を加えておいしく飲む!

補給はマイプロテイン

 

今回は、愛用者が多いマイプロテインさんのプロテインを使用します。

 

これらの材料をミキサーで混ぜていきます。

ツイートには書き忘れましたが、氷も入れてください。

氷があるのとないのとでは、仕上がりに雲泥の差があります。

 

材料をしっかり混ぜるため、ミキサーは撹拌かくはん能力が高いものを選びましょう。

 

続いて、作り方やマクロ栄養素を見ていきましょう!

 

材料

  • プロテイン(コーヒーキャラメルフレーバー):付属のスプーン2杯
  • バナナ:1本
  • マルトデキストリン:付属のスプーン1杯(入れても入れなくてもOK)
  • 水:100mlくらい
  • ブラックコーヒー:100mlくらい

 

今回使用したプロテインは、コーヒーキャラメルフレーバー

 

マイプロテインさんはプロテインの味が豊富です。

 

チョコレート系など甘い系フレーバーであれば、何でも合いますよ。

筋トレマニア
筋トレマニア
プロテインとバナナの相性がすごくいいぞ!

 

個人的な感想ですが、マイプロテインのプロテインってちょっと甘ったるいんですよね。

 

さらにバナナも入れるので、全体的に甘くなります。

 

そこで味に変化を加えるためにブラックコーヒー

 

コーヒーの苦みを追加することで、甘さが還元され飲みやすくなりますよ。

created by Rinker
UCC
¥1,630
(2020/03/30 18:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

水とブラックコーヒーの量について

プロテイン2杯とマルトデキストリン1杯で飲む場合、水は400~500mlくらいかなと思いますが、今回はバナナが入っています。

 

バナナが入っている分ドロッとした仕上がりになります。

 

氷も入っているので、水はそんなに多くなくていいでしょう。

 

コーヒーと水が2:1、もしくは1:1が目安です。

筋トレマニア
筋トレマニア
水とコーヒーの割合はお好みで調節してくれ!

 

ちなみに最近のぼくは、水を入れずコーヒーだけにしています。

 

ゴクゴク飲みたい方は水分を多めに、シェイクのようにスイーツ感覚で飲みたい方は水分を少なめにしてみてください。

  • 水多め:ゴクゴク飲める
  • 水少なめ:スイーツ感覚で飲める

 

 

水とコーヒー合わせて600mlくらいになれば、さらさらした出来上がりになりますよ。

筋トレマニア
筋トレマニア
トレーニング後でもすっきり飲めるね!

大量のコーヒーを一気に飲むと、具合が悪くなったり胃が荒れたりする可能性があるので注意してください。

 

マルトデキストリンについて

マルトデキストリンは入れても入れなくてもOKです。

 

ぼくの場合、バルクアップ期にカーボをたくさん手軽に摂るためマルトデキストリンを入れています。

 

マルトデキストリンは無味無臭なので、味に変化はありませんよ。

 

作り方

材料をすべてミキサーにかけるだけです!

プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法 プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法 プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法

 

材料を入れてミキサーにかけるだけなので、忙しい朝でもサッと飲めますよ。

 

マクロ

カロリー439 kcal
タンパク質39 g
脂質3.8 g
炭水化物64.1 g

 

  • プロテイン50g、バナナ1本、マルトデキストリン40gのマクロです。

 

プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法|まとめ

この記事では、プロテインが飽きる人におすすめのアレンジ方法について書きました。

 

レシピといっても、材料をすべてミキサーにかけるだけなんですけどね。

 

今回はご紹介したアレンジは、甘い系のプロテインであればいろいろな味に応用が利くので、ぜひ試してみてください。

 

>>マイプロテイン公式サイトはこちら

 

補給はマイプロテイン

トップに戻る

この記事を書いた人
筋活ログ

 

この記事がおもしろいと思ったらフォローしよう!