スポーツジム

スポーツジムで筋トレをするメリット・デメリット

スポーツジムで筋トレをするメリット・デメリット

 

  • 筋トレを始めようと思うんだけどジムに行くべきかな
  • 自宅でも筋トレできるのかな

 

ぼくの経験上、筋トレ初心者の方はジムで筋トレを始めるべきだと思います。

 

自宅でもできないことはないのですが、自宅で行うと正しいフォームが分からない続けられないといったデメリットがあるんですね。

 

ただ、いきなりジムにいくのはちょっと気が引ける…という方がいらっしゃるかもしれません。

 

そこでこの記事では、ぼく(@masabonblog69)の体験談も踏まえてジムで筋トレするメリット・デメリットをお伝えします。

 

筋トレ初心者の方、ジムに行こうかどうか迷っている方は、ぜひ最後までチェックしてください!

 

筋トレ初心者がスポーツジムに行くべき理由

筋トレ初心者がスポーツジムに行くべき理由

 

筋トレで大切なのは次の2つ。

  1. 正しいフォームで行うこと
  2. 継続すること

 

この2つを実行するために、筋トレ初心者はスポーツジムに行くべきだと思います。

 

それぞれ詳しく解説しますね。

 

正しいフォームを身に付けるため

筋トレをして成長するためには、正しいフォームでトレーニングすることです。

 

フォームが崩れてしまうと、せっかく筋トレしても効果がありません。

  • 狙った筋肉に刺激が入らない
  • 怪我の原因にもなる

 

YouTubeでたくさんの筋トレ動画を見ることができますよね。

 

『初心者向け』の動画もありますが、見よう見まねでやってしまうと、変な癖がついてしまう可能性があります。

変な癖の修正はかなり大変

 

やはり最初のうちは、第三者目線でフォームを見てもらうことが大切。

 

スポーツジムに行けば、トレーナーにフォームを教えてもらったりアドバイスをもらったりすることができます。

 

また、筋肉がデカい人たちのトレーニングを間近で見ることができるので、勉強にもなるんです。



筋トレを継続する習慣をつけるため

筋トレで結果を出すには、続けることが大切です。

 

言われなくてもそんなこと分かってる!と思われるかもしれませんが、意外と筋トレを続けるのって難しいんですよね…。

筋トレマニア
筋トレマニア
自宅での一人トレーニングなら、なおさら難しいかもな。

 

ぼくが筋トレを始めた頃、ダンベルやぶら下がり健康器具を買って自宅でトレーニングしていました。

 

しかし、1ヶ月も続かず止めてしまったんですね。

 

家には誘惑がいっぱいあるので、どうも集中できず、ダラけてしまいました。

 

一方でスポーツジムなら、お金を払って通っているので、『やらなきゃ!』という気持ちになります。

習慣になるまではトレーニングを強制する

 

ジムに通ってしばらくすると、『やらなきゃ』という義務感から『今日もやるぞ!』と自発的な気持ちへ切り替わるのです。

継続は力なりと言いますが、簡単なようで難しい

 

慣れるまでは、スポーツジムに通って筋トレをしましょう。

 

スポーツジムで筋トレをするメリット

スポーツジムで筋トレをするメリット

マシンが豊富

ジムにはマシンやバーベル、ダンベルなど、自宅で揃えることが難しいものがたくさんあります。

 

ジムによってマシンの種類は違いますが、脚、胸、背中、肩、腕、腹それぞれ鍛えるマシンが揃っていますよ。

マシンの種類 一例
・レッグプレス
・レッグカール
・レッグエクステンション
・チェストプレス
・ペックフライ
背中・プルダウン系
・ロウイング系
・ショルダープレス
・サイドレイズ
・バイセップスカール
・アブドミナル

 

これら以外にもマシンはたくさんありますし、ケーブルトレーニング用の器具もあります。

 

バーベルやダンベルを含め、これだけの器具が揃っていれば、各部位さまざまな種目を行うことができますね。

 

トレーナーにフォームを見てもらえる

筋トレで一番大切なトレーニングフォームを見てもらえます。

 

特に大手スポーツクラブはトレーナーの人たちが常駐しているので、気軽にお願いしやすい雰囲気ですよ。

最初から最後までトレーニング指導を受ける場合は、『パーソナルトレーニング』扱いとなり、別途料金が発生します。

 

ぼくが初めて通ったジムはスポーツクラブ ルネサンス。

 

ルネサンスのトレーナーはすごく親切でした。

 

マシンの使い方は一通り教えていただきましたし、スクワットやベンチプレスのフォームチェックもサポートしていただきましたよ。

24時間ジムはどこがいい?3社を比較
【24時間ジムはどこがいい?】エニタイム、ファストジム、ジョイフィットを比較【24時間営業ジム】首都圏を中心に展開しているFASTGYM24、大手スポーツクラブJOYFITが運営しているJOYFIT24、そしてエニタイムフィットネスを比較し、それぞれおすすめの人をご紹介します。...

 

モチベーションが上がる

周りには鍛えている人しかいないので、自然とモチベーションが上がるんですよね。

 

筋トレは継続することが大切と言いましたが、継続するためにモチベーションの維持が超重要。

  • モテたい
  • デカくなりたい
  • ダイエットしたい
  • 運動不足を解消したい

 

みなさんそれぞれ目標や目指したいところがあると思います。

 

それらを叶えるためにも、モチベーションを維持できる環境に身を置くことがポイントなのです。

 

スポーツジムに通うデメリット

スポーツジムに通うデメリット

お金がかかる

ジムにもよりますが、だいたい月額7,000円~10,000円くらいかかります。

 

また、ジムによっては会員種別というものがあるんですね。

 

(例)『スポーツクラブ ルネサンス 海老名』の一部の会員種別

会員種別月額(税別)
60分会員5,500円
ナイト会員6,000円
アンダー25会員8,500円
正会員10,000円
全国マスター会員13,300円

 

利用時間や回数に制限があるプラン(青色)なら会費は安くなります。

 

一方、制限なしにジムを使えるプラン(ピンク色)は、月額10,000円前後とかなり高め。

 

ですが、筋トレで大切な2つのこと

  1. 正しいフォームで行うこと
  2. 継続すること

 

これらを実現するには、スポーツジムに通う方が時間帯効果が圧倒的に高いんです。

筋トレマニア
筋トレマニア
独学、自己流では限界があるからな。

 

マシンを使いたいときに使えない

スポーツジム最大の欠点とも言えるマシンの待ち時間。

 

自分が使いたいタイミングでマシンやダンベルを使えないというのは、意外とストレスなんです。

 

特に平日の夜や休日はジムが混み合いますから、なおさらですね。

 

中にはマナーが悪い人がいます。

  • マシンやベンチに座りながらスマホをいじる人
  • マシンやダンベルを複数人で占領する人

 

こういう人がいると、こっちの気分も萎えてしまいますよね。

 

ただ、皆がみなマナーの悪い連中人たちではありません。

 

スポーツジムに通うほとんどの人が『譲り合いながら気持ちよくトレーニングしよう』という精神の持ち主なので、安心してください。

スポーツジムで気を付けたいマナー
【こんな人は嫌われる!】スポーツジムで気を付けたいマナー4つジムはあなたの場所でありみんなの場所(引用:エニタイム)。迷惑な人認定されないために、初めてジムを利用する場合に気を付けたい4つのマナーをまとめました。...


まとめ

当記事では、スポーツジムに通うメリット・デメリットについて書きました。

メリットおさらい
  • マシンが豊富
  • トレーナーにフォームを見てもらえる
  • モチベーションが上がる

 

筋トレ初心者が『初心者』を脱するために大切な2つのこと

  • 正しいフォームでトレーニングすること
  • 筋トレを続けること

 

この2つを実践できるのはスポーツジムにほかありません。

 

月額会費がかかり、マシンを使いたいタイミングで使えないこともあります。

 

しかし、スポーツジムに通うことが、筋トレで結果を出す近道であることに間違いないのです。

 

マシンの待ち時間が嫌なのであれば、コスパがいいパーソナルジム『PALMS(パームス)』がおすすめです。

価格が高いとあきらめた人に、業界最安値級パーソナルジム『PALMS(パームス)』
価格が高いとあきらめた人に、業界最安値級パーソナルジム『PALMS(パームス)』 パーソナルジムといえば『料金が高い』というイメージが定着していると思います。 実際に某ライザップで...

 

山本義徳先生監修

『VALX EAA9』

山本義徳のEAA9

 

山本義徳先生の知識を集結し、9種類の必須アミノ酸が完ぺきなバランスで配合されたEAAサプリメントです。

筋トレマニア
筋トレマニア
デカくなりたきゃ飲むしかない!!

 

ここでしか手に入らない特典もあります。

毎月配信される山本義徳先生のメソッド動画

VALX限定シェイカーファネルプレゼント

 

筋トレ初心者の方、デカくなり方、サプリ選びで迷っている方、このチャンスをお見逃しなく。

>>山本義徳流メソッドで筋肉をデザイン【EAA9】