筋トレコラム

ハノイホテルで筋トレしてたら変なおっさんに絡まれて怖かった話

 

2018年9月にベトナムのハノイへ旅行へ行きまして、ハノイホテルというところに宿泊しました。

 

ハノイホテルには設備が充実したトレーニングスペースが備わっており、宿泊者は無料で使えるんですよ。

 

旅行中の空いた時間で気持ちよくトレーニングをしていたら、よれよれのTシャツを着た変なおっさんにいきなり絡まれたんですよね…。

 

 

ハノイホテルって?

楽天トラベルアワード2015で銀賞受賞を皮切りに、毎年一定数以上の人気がある4つ星ホテルです。

 

日本人観光客もけっこういましたよ。

 

ノイバイ国際空港からタクシーで40分ほどのところにあります。

 

すぐ隣に湖があり、オーシャンビューを楽しみながら食事ができるホテルでもあります。

 

ちなみに、2人で3泊(ツインベッド1部屋)したんですけど、ホテル代は6万円かかりませんでした。

 

ハノイホテルのトレーニングスペース

 

ハノイホテルには立派なトレーニングスペースが完備されています。

 

利用可能時間はAM6時からPM10時まで。

 

 

 

  • パワーラック ×1
  • 4wayマシン ×1
  • ダンベル(たしかMaxは28kg)
  • ベンチ ×3
  • ランニングマシン ×2
  • バイク ×1
  • クロストレーナー ×1
  • ウォーターサーバー ×1

 

割と充実してるんですよ。

 

ちなみに写真を撮影したのはAM10時。

 

ガラガラでした。



変なおっさんに絡まれる

本題に入りますね。

 

ハノイホテルのジムを利用できるのは、①宿泊者、②会員です。

 

①宿泊者は、ジム入室時にルームキーをかざして、無料で利用できます。

 

もちろんぼくは宿泊者なので、ルームキーかざして入室しました。

 

何も問題ないですよね??

 

トレーニングをしていると、ジムに入ってきたおっさんに英語で話しかけられました。

 

変なおっさん
変なおっさん
お前、ここの宿泊者か?
何階の何号室に泊まってるんだ?
ルームキー見せてみろ。

 

見ず知らずのおっさんに、いきなり「何号室に泊ってるんだ?」と聞かれました。

 

しかもかなり高圧的に言われたんですよ。

 

意味わかんないし、めちゃくちゃ警戒するじゃないですか。

 

初対面のおっさんに、いきなり高圧的な態度で何号室に泊ってるんだなんて言われたら。

 

で、ぼくは(膝が震えているのがバレないように)ちょっと笑みを浮かべて、

 

まさひと
まさひと
答えたくないなあ。
なんであなたに言わなくちゃいけないの?

 

と片言の英語で返しました。

 

そしたらそのおっさん、

 

変なおっさん
変なおっさん
私はホテルの支配人だ!

 

とか言うんですよ。

 

よれよれのシャツに短パンで「私は支配人だ!」なんて言われても、信じられないじゃないですか。

 

かなり嘘くさかったんですけど、これ以上トレーニングの邪魔されたくなかったんで、しかたなくルームキーをみせて、部屋番号を答えました。



疑いは晴れず

ルームキー見せたら「OK」と言われたので、(膝の震えもおさまり)トレーニング再開。

 

釈然としなかったんですけど、まあトレーニングしてたらおっさんの存在なんて忘れちゃいますよね。

 

しかし、トレーニング終わって部屋に戻ろうとしたら、おっさんが、

 

変なおっさん
変なおっさん
やっぱりお前怪しいわ。ちょっとフロントまで来いよ。

 

で、フロントに連れていかれたんですね。

 

フロントへの道中、おっさんは英語でずっとなんかしゃべってたんですけど、動揺して頭に入ってこない。

 

え、なにこれ、取り調べ?俺どうなっちゃうの??

 

まさひと
まさひと
俺なんか悪いことした??


焦る理由

フロントでちゃんと調べてもらえば、ぼくは宿泊者であることが証明されるので、別に焦る必要なんてないんですよ。

 

なのになぜ焦ったかというと、ぼくが持っていたルームキーは、チェックインしたときに渡されたものじゃなかったんですね。

 

というのも、チェックイン時に渡されたルームキーは1枚でして、一緒に行った友人は部屋にいたので、そのルームキーは部屋にありました。

 

じゃあぼくが持っているルームキーは何かというと、ナイトクラブのガールが部屋に入るために、ホテル側がガールのために用意したルームキーだったんです。

 

まさひと
まさひと
前日はお楽しみでした!

 

つまり、ワンナイト限りのルームキーだと思っていたんです。

 

ガールもワンナイトなのでルームキーもワンナイトなのかなと。

 

おっさん、本当にホテルの支配人だったおっさんがフロントの人に、「こいつのルームキー調べろ」って。

 

待ってる間はもう心臓バックバクでしたよ。





ルームキーを調べた結果・・・

「ノープロブレム」

 

助かったああああああああ!!!!

 

いや~助かった!!

 

ワンナイトルームキーじゃなかった!!

(ワンナイトはナイトクラブのガールだけだった!!!!!)

 

フロントの人が笑顔でノープロブレム言ってくれたときはおっさんざまあみろ!!!助かってよかったと思いましたね。

 

おっさんいわく、ぼくがアウトサイダー(部外者)に見えたそうです。

 

Tシャツ短パンにリュックというかっこうが、どうも宿泊者には見えなかったと。

 

よれよれのシャツと短パンで支配人名乗ってるあんたに言われたくないわ!!!

 

みなさんも、ハノイホテルでトレーニングする際は、よれよれのシャツに短パンの支配人にご注意ください。